投機家の時代
現在株とFXで投機中。投機家から投資家までの道のりの記録。最終目標はまた別。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

と?や

Author:と?や
ぷーが投機してます。

一応専業しています。

投機対象は今のところ日本株、FX

興味があるのは商品先物と日経先物

株開始2005/10(2006/09より少しお休み)

FX開始2006/04

FXについて

最近のトラックバック

count

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロはどこへ向かうか?
ここのところほとんど相場は見ていないのですが、比較的落ち着いてきたような雰囲気ですね。
ニュースなどを見ると、ユーロがそろそろ落ちるのではないか?といった話も出てきていたりますが、アメリカほどはダメージを受けないのでしょうね、やっぱ。

マネーサプライを取り上げて、バブル時期の日本と同じような状況とWBSで言っていましたが、確かに行き過ぎではあるものの、ちょっと意味合いが違うのではないでしょうか?
当時はジャパンマネーが海外の不動産や資産を買い捲ったり、投機熱が高まる方向にマネーが向かっていました。つまり、マネーサプライが増大した分、投機に向かったため生産性が高まることはなかった。

ユーロを見てみると、その主な原動力は次の基軸通貨としての期待とドルへの不信。
中東や、アジア諸国がこぞってドルをユーロにシフトしているのが大きな要因です。
その結果ユーロがだぶつくことも多少はあるでしょうが、起こるのはむしろドル余り。その結果のドル安となるわけです。
経済指標を見てもバブル的かといわれればそうではないですし、ユーロの崩壊というのはそれほど考えられないと思いますね。

しかしもちろんリスクもあります。
言われているのは統一通貨ゆえの問題。今のところ大きな問題は出ていませんが、イタリアなどはやはりかなり苦しい状況ですし、すべてとは言わなくてもほとんどの国が満足する問題なのない通貨政策を採り続けるのはやはり難しいでしょう。
何度かは問題が出たりして後退することもあるのではないかと思います。
しかし、トリシェ総裁を見ていると、ユーロはその辺は結構慎重でして、金利などについてもインフレをかなり気にしています。
アメリカなどは結構いけいけどんどんなところがありますが、ユーロは急成長はむしろ望まない。その後なにかあったら大変だからといったところがあるのではないでしょうか?

こうしてみると、当面ユーロが安くなるというのは難しいのかもですね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hitooya.blog63.fc2.com/tb.php/582-851b37f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。